カテゴリー: 心の歴史-生い立ち編

マニュフェスト

最近よく聞くマニュフェストという言葉。

その言葉から、季節がらなのか、なぜか小学校6年の夏休み前に先生に作るように言われた『夏休みのスケジュール表』のことを、ふと思い出しました。

「曜日別のタイムスケジュールを書いて提出すること」

当時、お利口さんをやっていた私は、起床時間以降ご飯の時間以外は勉強の予定をみっちり書いて、学校に持って行きました。

(さらに…)

罠(わな)

「罠(わな)」というと、そこに悪意が含まれるような印象を与えるかもしれませんが、

これから述べる「罠」には悪意はありません。

 

でも、悪意が無いからそれ気付き難く、余計に性質(たち)が悪いのです・・・。

それぞれの家庭には、それぞれの家庭の罠があると思うので、

それを考えることは、これを読まれている皆さんにお任せすることにして、

それを考える参考になればと、

私の家庭に仕掛けられていた罠をひとつ紹介したいと思います。

(さらに…)

魔法の言葉

私の上に、長い間覆いかぶさっていた言葉があります。

 

「おまえは、カホゴだから・・・」

 

この文章は、私の母親がよく口にした言葉なのですが、

私は母親の使う小バカにした文脈から、

「自分は、カホ子(かほご)という普通ではない人間なんだ」と、

長い間思い込まされていました。

(さらに…)

普通の家庭

たぶん、ほとんどの人は、

自分の家庭は「普通の家庭」だと

思っているのではないかと思います。

 

ここでいう「普通の家庭」は、

「母親と父親が揃っていて、金銭的に不自由が無く・・・」

などということを指しているのではありません。

 

私は、「普通の家庭」かどうかは、

「その家庭でどのようなコミュニケーションが行われていたか」

ということで区別出来るのではないかと考えています。

(詳しいことは、また別の機会に書かせて頂こうと思います。)

(さらに…)

1 / 212