子供から「お父ちゃん(お母ちゃん)なんか、死んでしまえ!」と言われたら・・・

Pocket

例えば、子供が、自分の言うことを聞いてくれない親に腹を立てて

酷いことを言ったりすることがあります。

 

  • お父ちゃんなんか、死んでしまえ!
  • お父ちゃんなんか、いなくなれば良いんだ!
  • お母ちゃんなんか、死んでしまえ!
  • お母ちゃんなんか、いなくなれば良いんだ!

 

それに対して、

「親に向かって何てことを言うんだ!」

と激怒してしまうこともあると思います。

スポンサード リンク

 

 

 

 

大人である親は、感情的になっても、自分の言っていることは、理屈が通っていると思っています。

そして、あまり深く考えずに聞き流していると、もっともらしく聞こえます。

 

ところが、大人が言っている内容を、冷静になって聞いてみると、結構むちゃくちゃです。

ほぼ、論理破綻しています。

(その論理破綻を子供が指摘することを、大人は『親に口答えをする』と呼んでいます。)

 

結局、感情的になっているときは、大人も子供も

ただ怒っているだけただ悲しいだけ

その気持を表現しようともがいているだけです。

 

ですから、相手の言葉の細かいことなどに引っかからずに、聞き流して

  • 怒っているんだね・・・
  • 悲しいんだね・・・

感情だけを受けとめてあげればいいのです。

 

 

【メモ】
大人も子供も、怒りの裏には、大抵の場合、悲しみ隠れています。そちらの感情に気づいて受けとめてあげることが大切です。
特に、小さな子どもは反抗なんて一切していませんから・・・。【参考】

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です