老後の生活

Pocket

私の経験

私の母親は、私が小学校4・5年生の頃から、

  • 「お前の父親は当てにならないから、老後は、お前に面倒をみてもらう。優しいお前が居てくれて良かった」

 

と何度も何度も、私に言っていました。

何度も何度もというのがミソのようです。

冗談なら、そんなこと何度も何度も言わないと思います。

父親の悪口を年中聞かされていたことも、その発言の真実味が増すことを手伝っています。

冗談だったか真剣だったかは脇において・・・・

その結果、私が、「そうか、優しい私は、老後は母親の面倒をみるんだ」と思ってしまったことは、事実です。

そういや、こんなこともよく言っていました。

「お前が働くようになったら、離婚する。それまでは、我慢する」と・・・。

まとめると、次のようになります。

 

自分(私)が社会人になったら、母親は離婚するから、私が母親の面倒をみなければならない。

 

そして、その頃はきちんと認識できていませんでしたが、それは、「(母親に責められて苦しむ)今の状態が、一生続く」ということも意味していました。

なんとも夢も希望もない話です。

「自分の人生は母親のためにある」と無意識に刷り込まれていたのです。

そのくせ、「お前の将来が楽しみだと○○先生が言っていた」と、母親は、勝手に期待を膨らませていました。

思い出しながら、なんか、気持ち悪くなってきました。

よく我慢していたと思います、私・・・。

私の親心

子供の夢応援しようと思っています。

子供『将来の夢』の話を、たくさん聞かせてもらおうと思っています。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です