心の歴史-開放編

心の歴史-開放編

正しく悩む為に

自分の心の流れが、少しだけでも良い方向へ動き出すことが、とても大切な事だったように思います。 そして、その緩やかな流れは、川の上流に降った雨が海にたどり着くように、その緩やかな変化の積み重ねを意識することができなくても、きっと、「本...
心の歴史-開放編

多くの人と接すること

自分に独特な「他人の言葉や行動、出来事に対する習慣的な反応」に気づき始めたら、多くの人たちと接することは、きっと、何かの助けになると思います。 私は、「他人の為に生きよう」と決意して初めたボランティア相談員になるための研修活動のおか...
心の歴史-開放編

自分の感情が変化してしまうトリガーへの気づき

「自分の感情」が変化(特に、怒りや悲しみ等の「負の感情」への変化)してしまうきっかけとなる「出来事」や「相手の言葉」や「他人の行動や反応」などについて、そういうことを言われたり、されたりすると、自分が腹が立ったり悲しくなったりするのは当然...
心の歴史-開放編

開放へのきっかけ

あの頃は、とても苦しくて、「自分が何の為に生きているのか分からない」、そんな心境でした。 でも、「自分がこの世から居なくなる」ということは、私にとってはかなりの恐怖でした。 とても、そんな勇気は、私にはありませんでした。 ...
タイトルとURLをコピーしました