【広告】
オキシトシンラブ(OxytocinLove)
今、話題のオキシトシン。男女関係に限らず、人間関係を円滑にするといわれています。自閉症・アスペルガー症候群・広汎性発達障害などの自閉症の特性を示す発達障害にも。

インナーチャイルド・ヒーリングとは

Pocket

インナーチャイルド・ヒーリングを簡単に説明すると

心に関わる症状や問題の根本原因のほとんどは、その人の幼児体験が関係しているといっても過言ではありません。

幼児体験によって刻まれた心の傷の理解は、傷ついた心に癒しを与えることにつながります。

心が癒されれば、心を傷によって縛り付けられていた執着から解放され、自分本来の自由な心の働きを取り戻すことができます。

これがインナーチャイルド・ヒーリング(インナーチャイルドの癒し)と呼ばれる手法の目的です。

 

理解しやすいように、便宜上、「心の中にインナーチャイルドがいる」といった表現をされることがあります。

そのような表現に違和感を感じる場合は、「心の中にインナーチャイルドがいる」とは

  • 子供の頃の心の傷が、大人になった後でも、尚、根付いてしまっていること
  • 子供の頃の思いが、大人になっても、心のどこかに残っていること

と読み変えればいいでしょう。

 

スピリチュアルな手法ではありません

インナーチャイルド・ヒーリングは、スピリチュアル、すなわち、霊的な手法ではありません。

実存するのは、今ここにいる自分だけです。

それは、「今ここにいる自分が、今ここにいる自分を癒す」ことを手伝ってくれる手法なのです。

 

「今ここ」での癒し

  • 今ここにいる自分が、今ここにいる自分癒す

ということが理解できれば、

  • 今ここにいる自分が、今ここにいる子供癒す

ということもできるようになります。

つまり、子供を心に傷を負わせたまま放置せず、正しい心の手当をしてあげられるになれるということです。

これが、私が、「インナーチャイルド・ヒーリングを理解することは子育てに役立つ」と考える理由です。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です