親が、誰かの悪口を言うこと

Pocket

最近、ふと思い出したことがあります。

私の母親は、頻繁に誰かしらの悪口を言っていました。

 

今から振り返ったとき、

それらの悪口の中で、強烈な暗示作用があったものがあります。

それは、よその親の悪口を聞かされることです。

その悪口は、大きく次の2つに分類されるかな・・・

  • ニュースで報道される子供を虐待する親の悪口
  • 近所の親の「子供との接し方」に対する悪口

大抵は、「子供に対して、そんなことをするなんて信じられない!」というものです。

 

母親が他人の悪口を言っているときに、

「あんたが言うな!」

と思たり言えたりすれば良かったのですが、

小・中学校の頃の私には、母親に対する批判的な感情は、

意識には上らなくなっていました。

スポンサード リンク

幼い頃から、

「母親が考えていることとは違うことを言うと、ひどい目にあわされる」

と徹底的に経験してきたので、

私の「母親の考えに疑問を持つ回路」が破壊されていたようです。

c0050

そんな心理状態だったからかもしれないのですが、私は、

「母親が他人を批判する」 = 「母親は、他人を批判するに値する立派な人」

というように思ってしまったようです。

そして、私は、「母親の子供で良かった」とずっと思っていました。

 

高校を卒業した頃から、母親に苛立ちを感じるようになっていったのですが、

その理由を理解することはできませんでした。

 

母親が何かを話すと、ものすごくイライラしたのです。

でも、頭では、「自分の母親は、良い母親」、「自分の家庭は恵まれた家庭」と信じ切っていたので、

「母親に対して意味もなくイライラするのは、自分の心に問題があるからだ」

と、自分の心を責めてしまい、気持ちは沈み込んでいきました。

 

「普通の家庭、むしろ、恵まれた家庭で、大切に育てられたのに、どうしてこんなに苦しいんだろう・・・」

と、自分の心に苦しみの原因を求め続けていました。

そして、自分の心を、普通の心に変えることが、自分の苦しさを解決する道だと考えていました。

 

そんな洗脳が解けたのは20代後半でした。

 

私の場合は、自分の内側に向かいましたが、

親をモデリングすることによって、

原因を外側にばかり求めるようになる人もいるかもしれません。

 

子供に対して悪口(愚痴)を言う影響には、この他にも、次のようなことも考えられます。

 

母親(父親)が父親(母親)の悪口(愚痴)を言うのは、子供の逃げ場を奪うことになる

【参考】 たぶん、親が子供に一番やってはならないこと

親が、子供の悪口を言う(責める)ことは、社会の荒廃につながる

【参考】 社会を良くするためには、子供に優しく!

【参考】 ほとんどの場合、子供に悪意はないのです

これらを踏まえると、

親が、子供に対して、誰かの悪口を言うことは、その子のためにならない

と、総じることが出来そうです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です